上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.05 Q太郎断乳記
あいにくの雨な1日。
そんな日はおうちでごろごろ。
ごろり
おいらもごろごろ。トミカは両刀使い。

雨の日だからか、断乳でホルモンバランスが崩れてるからなのか
あたしも頭が痛い…
雨の日は古傷が痛むチーママゆい子です。
撃たれた後がね…ドキューン 
妹ぽち子がきて一緒にお絵かきもしたり。
ぽちとおえかき
おいらが教えてやろうじゃーないか
猫の絵はぽち子の作品。幼稚園児並みの才能に乾杯。

さて、今日は断乳のお話なんぞ。
以前から1才で断乳と決めていました。
理由は『夜寝て欲しい』のと『ご飯を食べない』のと『おっぱいへの執着心』。
執着心というのは、11ヶ月になった頃からお腹が空いてないのに
おっぱいをせがんでくることが増えていました。
精神安定剤のような感じ。
実際1才過ぎておっぱいのお友達がちょっと遊んではぐずぐず→おっぱい
というケースが多かったのでそれは避けたいと思っていました。
で、実行決定。

妊娠6ヶ月ごろからがっつり出てきていたあたしの母乳。
妊娠中も母乳パッドが手放せなく、陣痛中はパジャマがびっしゃんこになるくらいの
大量生産型でございました。
なもんで、いきなり断乳!って止めてしまうと確実に乳腺炎になるだろうと
踏んで徐々に回数を減らしていく作戦に。
実施計画は約1ヶ月。
Q太郎断乳記はじまり、はじまりー

1.夜中のおっぱいを止める
3月上旬 昼間の授乳が1回~2回になったのでそろそろ断乳を考える
     夜は寝る前に飲ませて、0時、3時、6時だったので0時と3時を中止
初日   0時に泣く→とんとん→大爆泣き1時間→疲れて寝る
      3時に泣く→とんとん→やや泣き15分→諦めて寝る
      6時に泣く→授乳(すでにカチカチだったのであたしはすっきり♪)
      昼間は普通に1回くらい授乳
2日目  初日と同じように0時、3時を中止
      0時に泣く→とんとん→爆泣き30分→寝る
      3時に泣く→とんとん→ややブヒ→とんとん→寝る
      6時に泣く→授乳
      昼間は普通に1回授乳
これを1週間ほど繰り返したところ、夜中の泣く時間がどんどん減っていきました。
最初の2日間の爆泣きを親ががんばるところ。
かなーりヒーヒー泣いてましたが、心を鬼にしてひたすら抱っこやとんとんしてました。

2.夜の寝かしつけのおっぱいを止める
1週間後 実家に帰省することになったのでこれがいいタイミング!
と思い夜の寝かしつけをゆい子ママに代わってもらいました。
どーも、おっぱいの人がいると欲しがるのがわかったので。
この時点で夜はミルクを200ml飲んでねんねできるようになっていました。
(というか、Q太郎はゆい子ママでも夜はOKな子にしていた。あたしの都合で。イヒヒ)
ここで1週間夜はゆい子ママとねんねの練習。
寝かしつけてもらってからはあたしが添い寝。
この頃には3時1回やや泣くけど背中トントンで寝るように。
夜中の授乳は全くなくなりました。
朝1回とお昼寝時の授乳。夜は全くOだったのでおっぱいが張る時は搾乳。

3.仕上げはおかーさーん
3月下旬
家に帰宅してからは、お昼寝時はおんぶで寝かしつけ
朝ご飯のあと1回だけの授乳にしました。
夜は全く無し。この頃になると一緒にお風呂に入ってもおっぱいに執着しなくなりました。
あたしはこの頃からあまりおっぱいは張らなくなり、搾乳も3日に1回くらいに。
最後に搾乳したのは3月15日の夜。
今年の自分の誕生日は乳を絞って迎える素敵な幕開け。

3月25日ごろ
この頃になると昼間も全然飲まなくでもOKになりました。
ミルクはまだ必要と判断して、朝ご飯後100mlと寝る前に200ml飲みます。
今までは悲しかったりするとおっぱいを欲しがってたけどもう大丈夫に。
夜20時半に寝てから1回も起きずに6時まで寝ることができるようになりました。(Q太郎の人生初)
起きてもご機嫌なので、やっぱり夜中はお腹が空いてたんじゃなくて
癖でおっぱいを探していただけだったみたい。
あたしのほうも丸1日以上何もしなくても張らなくなってきて
寂しい大きさに。
さよならあたしの虚乳…いや巨乳生活。

4.断乳終了日
そして今日4月5日。
Q太郎はもう全然おっぱいがなくても大丈夫そうなので今日でおしまい。
昨日、おとといと飲んでなかったけど、
今日でさよならおっぱいの日ってことで朝1回授乳。
何のためらいもなく飲んでたけどたぶんそんなにもう出てないと思う。
もうQ太郎におっぱいをあげることないのか…と思うと寂しいけど
名残惜しいくらいのがいいのかもとか思ったり。
このままミルクも1日400mlくらいは飲ませて、
哺乳瓶もだんだん卒業していこうと思います。
寝る前のミルクも徐々に減らしていきます。

断乳で1番しんどかったのは、最初の2日間の大泣きのときだけでした。
それが終わると親子ともにすっきり♪
そして1年間母乳育児を続けてこれたので自分では満足。
体重が増えない頃、ミルクにしたらこんな心配はいらないんだろうか
とか悩んだこともあったけど、最初に小児科の先生に
『お母さんがおっぱい出てない?って思うとほんとに出なくなるよ。自信持って!』
といわれたことががんばりの原動になりました。
これでQ太郎は名実ともに乳児から卒業です。
これからは違ったスキンシップで楽しんでいこうと思います。

さよなら、おっぱい。
今度おっぱいのときは君はきっと大人のはず。
イヤー!!!大人にならないでー!!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://katuhicom.blog58.fc2.com/tb.php/24-b0423d01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。